2月22日は猫の日です。猫の日には、愛猫にジャガーのプレミアムキャットフードがおすすめ!

2月22日は猫の日

猫の日(ねこのひ)は日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり、2月22日に定められています。2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定されたそうです。

毎日、たかーいキャットフードはちょっと。。。という人も、猫の日くらいは、日頃のご褒美も含めて贅沢させてあげたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな愛猫家におすすめなのが、ジャガーのプレミアムキャットフードです。

 

ジャガーのプレミアムキャットフードの特徴

家族のように可愛がっている愛猫に、普段はできないような贅沢をさせてあげたい人におすすめなのが、「プレミアムキャットフード」です。

動物性原料80%以上の贅沢レシピ。

チキンや鶏肉、サーモン、マスなど肉と魚を惜しみなく使い、動物性タンパク質80%以上です。偏食気味の猫ちゃんでも、とびきり喜ぶ贅沢レシピです。

愛猫や愛犬へのプレミアムフードは、近年、成長著しいペット関連市場のようで、インターネット通販も伸び続けているそうです。原材料にこだわったプレミアムフードの需要は高くなっていて、その中でも特に現在料にこだわっている事で人気なのが『ジャガー』のプレミアムキャットフードです。

「ジャガー」のプレミアムキャットフードは、ネットでしか買えない。

日本で購入できるのは、直輸入している専門の販売サイトのみです。ペットショップやホームセンターでは販売で安売りされている事は絶対にないので、そういう意味でもプレミアム感たっぷりです。

公式サイトにアクセスすると、なぜペットショップやホームセンターでは販売していないかを説明しているのですが、「なるほど」という感じです。

ジャガーは、人工添加物を一切使用していない。

公式ページを見ると凄く関心するのですが、保存料には、ミックストコフェロール(ビタミンE)を使用していて、余計な保存料を使用していないそうです。調味料についても、人工調味料は使用せずに、素材の美味しさで勝負してくれています。

着色料は、猫のためではなく、それを購入する飼い主さんの気を引くためのもので、そういった無駄な着色料(添加物)は、愛猫には不要であると考え、一切使用していないそうです。また、人工の香料も一切使われていないのも嬉しいですね。

ジャガーのキャットフードの対象

動物性原材料を80%使用、タンパク質の量は40%以上と、肉食の猫にふさわしい高タンパクフードです。脂肪分20%、100gあたり約384キロカロリーとヘルシーなので、与える量の調節だけで子猫からシニアまで対応できます。

 

アレルギー源となりやすい穀物を一切使用していない

猫にとって消化しにくく、アレルギー源となりやすい穀物は、できるだけ避けたいものです。そんな穀物を一切使用しないグレインフリーになっているのも、ジャガーのプレミアムキャットフードの特徴です。

代わりに芋や豆を使用しているので炭水化物(でんぷん)が抑えられ、血糖値の急上昇からくる興奮状態や、急激な空腹感の予防ができます。

更新日:

Copyright© 一般社団法人 動物愛護の会 アベニール【沖縄】 , 2019 All Rights Reserved.